直弧文の変容についてただいま論文執筆中

千足古墳石障仕切板石(岡山市)の完全復刻復元のために「直弧文」を調べだして
丸6年、2018年で7年目に突入
その間に直弧文を彫刻家という立場から、感性・アートの目で詳細に観察しながら
理性・サイエンスの立場に立脚し、従来の考古学とは違うアプローチを試みてきました
浮き彫り技法で作られた千足古墳・石人山古墳・長砂連古墳の直弧文を実測測量し
詳細に観察したことから、直弧文の基本を整理し形体変容を記した論文(共同執筆)と
図形表記のガイドブックを制作中です
公開の日をご期待ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です