関西の古墳

柏原市 安福寺 石棺

安福寺横穴墓

橿原考古博物館 巨大円筒埴輪

2018年10月7日(日)秋晴れの日、孫の運動会のあと
少し時間があったので、かねてより見たかった安福寺 石棺棺蓋をみに行きました
すぐ下に石川が流れ、小高い丘の上にありますが、境内の裏山は大阪南部を襲った台風の影響で
倒木がたくさんありました
直弧文が彫られていることで有名な石棺です 境内に大事に保存されていることにまず感心
棺蓋の下には、赤い顔料がはっきりと残っていました
境内の下のほうにある横穴墓は、びっくりするぐらいたくさんあり、中に入れるもの、入れないように柵がしてあるもの(線画がある)土嚢がつんであるものなどいろいろでしたが、中をみると丁寧な石加工がしてありました(平らな面の石室)
翌8日は孫と三人で橿原考古学博物館へ「古代の輝き!」を見に行きました
3時間堪能して、直弧文のある鏡や埴輪などなど なかでも2mを超える4世紀のメスリ山古墳の円筒埴輪には驚きでした これだけの技術があったことに驚嘆です
なおこの年末から1年半、橿原考古学博物館はメンテナンスのために休館です

投稿者: nishihira-takashi

彫刻家です 最近は 古代幾何学図形にはまり 古代吉備(今の岡山県)に生まれた 直弧文(ちょっこもん)を皮切りに 直弧文とアートの会の仲間とともに 図形の鑑賞・観察・色塗り分解・分析を行っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です