「しらかわん」に再会してきた 2014

「しらかわん」に再会

ソーラーシステムを使った測量計

少し前(9月3日)の話になるが、春に依頼で制作した「しらかわん」に再会してきた。
場所は、福島県白河市旗宿にある「関の森公園」。律令制が整備される古代史あたりで出てくる、
「白河の関」の跡がすぐそばにあり白河神社と学習センターが一体になった公園の一角、最近リニューアルされたわんぱく広場の入り口に「しらかわん」は立っていた。
 検収と補修を兼ねて、日帰り。山陽・東海道新幹線3時間強、東北新幹線1時間半(各駅停車やまびこで新白河下車)レンタカーで30分たらず。片道5時間で、岡山から白河まで行ける。便利な世の中!
 栃木県との県境まで2kmほどのところということで、幼稚園帰りの親子が遊びに来ていた。(栃木の人)岡山からはるばるモニュメントが運ばれてきたことにも驚かれたが、何気なく聞かれた「福島に来られることに、躊躇はなかったですか。放射線測量計がそこに設置されているのですよ。もっともすぐそばの栃木県側には何も設置されていないですけどね」の言葉に、現地に行ってみなければわからないことの現実を知らされた。
 小雨が降っても普通に子どもたちは遊んでいた。
 ただ、除幕をされて1カ月しかたっていないのに、しらかわんの雨のしずくによる汚れが目立つことに???近くには、大型車が通るような道路もない。

投稿者: nishihira-takashi

彫刻家です 最近は 古代幾何学図形にはまり 古代吉備(今の岡山県)に生まれた 直弧文(ちょっこもん)を皮切りに 直弧文とアートの会の仲間とともに 図形の鑑賞・観察・色塗り分解・分析を行っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です