アトリエの模様替え

書斎風になった一角

新しい仕事に取り掛かる前に、東南の一角を片づけて模様替え
向かって左の棚は、古墳関連と過去の仕事ファイル
向かって右の棚は、現在進行中の仕事関連と電話やメモ棚
一見すると書斎風になった
最近、近所の方々がアトリエ訪問されることが多くなった
今日も裏山の向こうの集落の方が5人、やって来られた
千足古墳の直弧文を復刻してから、地域の方々が関心を持って
訪問され、地域の宝を再認識されだし、うれしい動き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です