ND清心学園(倉敷市)に作品「ひまわり」寄贈

玄関ロビーに設置

作者のコメント

ND清心学園(倉敷)教会

■ 題名 「ひまわり」妻とモデルさんとで、心はいつも太陽へと
■ 制作時期 モデルを雇い制作すること10年過ぎ、写実具象彫刻を極めたころ(40代後半)
□ 作品に対する思い1 
  作品全体の構成・バランス・芸用解剖学に基づく写実力に磨きをかけ、作品に内在する雰囲気が結 実した作品
□ 作品に対する思い2
  作品に内在する力に加えて“エレガンス”・“人としての品性”・“人が真摯に向き合う中で生まれる 尊厳”をどうしたら表現できるかに挑戦した作品
● 清心女子高校「生命」の一講座に「彫刻家の視点から」を採用し継続させていただいた担当の秋山繁 治先生と清心女子高等学校に敬意を表する証の像として
● 「真摯に向き合う」「人の尊厳」「品性」を共有できるノートルダム清心学園にふさわしい像として ここに寄贈する       彫刻家 西平孝史 2015.8.24  (銘板に記載) 

投稿者: nishihira-takashi

彫刻家です 最近は 古代幾何学図形にはまり 古代吉備(今の岡山県)に生まれた 直弧文(ちょっこもん)を皮切りに 直弧文とアートの会の仲間とともに 図形の鑑賞・観察・色塗り分解・分析を行っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です